こんにちは!石井直樹です。

  

終活という言葉も一般化しましたね。

私も、その第一歩としてエンディングノートにチャレンジします。

 「株式会社ティア」が誇る、終活のプロフェッショナル、岡上さんと小山さんに徹底レクチャーして頂きます。

プロフィール

マチツナガルLABO

ハピネスメイカー

石井直樹

福祉業界の常識に捉われない経営手腕は画期的で、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ等様々なメディアに取り上げられている。




そもそも、なぜ?エンディングノートを書こうと思ったか?

ハッピーな人の集まりは、ハピネスメイカーであふれている。

 

岡上さん、小山さんとの出会い。

それは、認知症についてのマラソンイベント「RUN伴プラスやまと」のボランティア参加でした。

 

エンディングノートをゲット!

その後、私がパーソナリティを務めるラジオ番組にゲスト出演していただくことに。

番組内で語られた「終活・エンディングノート」のお話に、とても興味をひかれました。

「FMやまとマチツナガルラヂオ・ティア相模大塚」放送アーカイブ

そして、第一歩を踏みだす。

葬儀会館ティアには、無料配布しているオリジナル・エンディングノートがあります。

お二人にお願いしてゲットした私は、初めてのエンディングノート作成にチャレンジ。

プロフェッショナルのサポートを受けながら、終活を学ぶ第一歩を踏み出すことになりました。



葬儀会館ティア・オリジナルエンディングノートの中身を見てみよう

全国に100以上の葬儀会館を展開する「株式会社ティア」

 

無料で配布しているオリジナル・エンディングノートの中身を見てみましょう!

さっそく、中身をチェック!

葬儀会館ティアのオリジナル・エンディングノートは全10ページ。

元気なときに、少なくとも準備・確認しておきたい10項目を判りやすく配置。

「葬儀会館ティア・エンディングノート」

シンプルながら、充実のコンテンツ。

『項目1:私のプロフィール』

自分の写真とともに、出身地や趣味・特技、好きな食べ物、音楽などの記入欄があります。

『項目2:私の仕事・趣味』

勤め先、仲の良かった人、思い出について記入します。

『項目3:私の年表』

家族、仕事、友人との思い出やエピソードを年表にまとめることが出来ます。

『項目4:大切な人へのメッセージ』

普段は口にしない事でも、素直な気持ちを書いておきましょう。

『項目5:財産について』

預貯金、生命保険、借入金など、管理することが出来ます。

『項目6:もしものときには』

介護を頼みたい人や、病気の告知、延命治療に対する希望など記しておきます。

『項目7:葬儀について』

自分の宗教・宗派、葬儀の方法など希望を記入します。

『項目8:お墓と仏壇について』

お墓や仏壇の所在地などを記入します。

『項目9:葬儀に呼んでほしい人』

名前やその人との関係、住所など連絡先を表にまとめます。

『項目10:ティアでのお葬式準備』

葬儀の際、流して欲しい音楽、飾ってほしいものなど希望を記入します。

記入を終えても、空白の項目が…!

実際記入してみると、気づきがたくさんありました。使ってないクレジットカードや銀行口座の存在を思い出したり、交友関係を改めて確認したり。

しかも…!その場で記入できず、空白になってしまった項目も。保険証券の保管場所など、忘れちゃってる人いませんか?

「自分自身を見つめなおし、現在の状況を理解・確認する」よい機会となること、間違いナシです!